シミ消しに効果のある有効成分とは?

シミ消しに効果のある有効成分とは?

シミの改善に効く成分は、
ハイドロキノン・アルブチン・ビタミCを筆頭に、
他にも様々な有効成分が存在しています。
他のシミに働きかける有効成分の特徴についてご紹介します。

シミへ働きかけるその他有効成分

Lシステイン
メラニン色素の生成を抑制する働きがあり、紫外線によるダメージを受けても、メラニン色素が肌に残りにくくなると言われています。さらに、新陳代謝の活性化や抗酸化作用といった働きが期待できます。

t-シクロアミノ酸誘導体
資生堂が開発した美白成分です。肌荒れを誘発する、プラスミンの生成も抑制してくれる効果もあり、プラスミンの生成を抑制することで、シミ、くすみ、にきびなどにも有効な成分です。

アカモクエキス
アカモクは、ワカメ、メカブ、昆布などの海藻の一種で、紫外線からのダメージを防いで日焼けやシミができるのを防ぎます。

エラグ酸
ライオンが発見した美白成分です。ポリフェノールの一種で、メラニンの生成を抑える効果があります。

カモミラET
花王が開発した美白成分です。肌の紫外線を浴びた記憶を消していく特徴をもった成分で、小さな初期のシミにオススメです。

コエンザイムq10
抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果が期待できます。 シミやシワといった加齢が原因で起こる肌トラブルにも効果が期待できます。ただし、体内で合成される成分ですが、20代をピークに減少していきます。

サリチル酸
有機ベータヒドロキシ酸とも呼ばれ、様々な植物に含まれている成分です。 シミの原因となるメラニンに対して、剥がれないままとなった角質をサリチル酸の効果によって、一緒に排出することが出来きます。

トラネキサム酸
アミノ酸の一種で、メラニン生成を抑える点で注目されている成分です。シミ以外にも、肝斑の改善にも注目されている成分でもあります。

ピュールブラン
三省製薬が開発した成分です。シミができる原因であるメラニン色素を作る、メラノサイトの働きを抑制してくれる働きがあります。シミの原因となるメラニンの3つの生成過程に働きかけてメラニンの生成をブロックします。

フラーレン
ノーベル化学賞を受賞した研究員が見つけた美白成分です。活性酸素を防ぐ働きがあることで注目されている成分です。活性酸素の除去で、シミだけでなくアンチエイジングにも期待できる成分です。

プラセンタエキス
シミ取りだけでなく、保湿効果、コラーゲンが増えることによるしわ取り効果なども期待できます。最近では豚のプラセンタ以外にも、馬のプラセンタを使用した化粧品も開発されています。

リノール酸
サンスターが開発した美白成分です。チロシナーゼを抑制する働きにプラスして、酵素を分解促進してくれる働きがあることをサンスターが18年の歳月をかけて検証しました。メラニンの生成を防ぐだけでなく、肝斑にも期待できる成分です。

リノレックS
サンスターが18年の月日をかけて研究開発した美白成分です。身体に蓄積されたメラニンを抑えるのではなくて排出させる効果がある成分です。

ルシノール
ポーラが10年の歳月を費やして開発した美白成分です。チロシナーゼとチロシンが結合する前に、チロシナーゼとチロシンの結合を抑えてメラニンの生成を防ぐ成分です。

シミや美白には「ビーグレン」がオススメ!

ビーグレンが選ばれる4つのポイント!


  1. 出来てしまったシミに対して即効性に優れた「ハイドロキノン」、「VCエチル」を配合していること!
  2. 美白成分を肌の奥まで届ける「皮膚浸透技術」が優れていること!
  3. 出来てしまったシミだけでなく、これからのシミへのダブルアプローチが可能なこと!
  4. トライアルセットから返金保証制度があること!

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る